舌側矯正なら出っ歯を効果的に改善できる

出っ歯が気になるという人は多いです。
日本人は、歯の大きさに対して顎の大きさが小さいために、歯がうまく並びきることができずに、前に出てしまうことで出っ歯になりやすいと言われています。
歯並びをきれいにしたいけれども、歯列矯正をするためにはワイヤーの装置を付けなければいけません。
ワイヤーは目立ってしまい、口を開けただけで矯正をしていることが周りに分かってしまい、見た目がいい治療とは言えません。

そこで、舌側矯正という歯列矯正が登場しました。
舌側矯正とは、漢字の通り、舌のある側に装置を付ける矯正で、歯の裏側に装置を付けることから裏側矯正とも呼ばれています。
舌側矯正のメリットは、なんといっても装置が目立たないという点です。
歯の裏側にワイヤーを付けることで、話しているだけでは装置はそれほど目立つことはありません。

さらに、舌側矯正は出っ歯を効果的に改善できるという特徴があります。
歯列矯正では、歯にワイヤーをかけることで、奥歯を中心にして前歯を引っ張ることで歯並びを改善していきます。
けれども、表側に装置を付けた場合、移動させたい前歯ではなく、奥歯が動いてしまうことがあります。
舌側矯正では、装置が裏側につくことで、奥歯が動きにくくなり、前歯をきちんと後ろに下げることができます。
出っ歯に向いた矯正方法であることが分かります。

舌側矯正は、装置が目立たずに効果的に出っ歯をきれいにしたいと考える患者さんのニーズに合った治療法です。
しかし、メリットばかりではありません。
装置を裏側に付けるのは技術が必要ですので、その分費用が高くなる傾向があります。
さらに、舌や粘膜が装置に当たることで、口内炎ができやすくなってしまうこともあります。
多くの場合、口内炎は治療と共に減っていき、一番気になるのは装置を付けた当初の段階です。
そして、舌が動きにくくなることで、発音も影響を受けます。
滑舌が悪くなったと感じる患者さんも多いです。

このように、舌側矯正は患者さんのニーズに合った治療なのですが、メリットだけでなくデメリットもあります。
いいことばかりを考えて治療を開始してしまうと、装置を付けてからこのような状態になるはずではなかったと後悔してしまうことになります。
歯の裏側は表側よりも固いので、矯正期間中に虫歯になりにくいなどのメリットもありますが、治療を開始する前に歯科医師とよく相談するようにしましょう。
こうすることで、安心して治療を開始することができます。