矯正歯科で保険が適用されるケースとは?

歯科矯正器具 乱れている歯並びを正しい位置へと導く歯科治療が矯正歯科治療です。
矯正歯科治療は審美的な事を目的とする場合には保険対象外となるため、治療費用は患者の全額自己負担となります。
歯並びや治療方法にもよりますが、治療費用は高額になる傾向にあるのはそのためです。

しかし、矯正歯科治療が保険適用となる場合もあります。
保険適用となるケースとしては、顎変形症という顎の骨の位置がズレていたり、変形していることにより、顎の不具合が生じている場合です。
保険適用となるためには、顎口腔機能診断施設に指定医療機関で顎変形症であるということが認定された上に既定の外科手術を含む治療を受ける必要があります。
顎変形症であるか否かは自分で判断することは出来ませんので、歯医者に相談してみましょう。

顎変形症は上顎前突症・下顎前突症・顔面非対称症・開咬症・過蓋咬合症など、いくつかのタイプに分けることが出来ます。
上顎前突症は俗にいう出っ歯のことです。
通常の歯列矯正では根本的な改善をすることが出来ないため、外科手術が好ましいとされているケースです。

下顎前突症は下の歯が上の歯よりも出ている受け口の事を言います。
下顎全体が突出しているという特徴があり、手術によって顎の位置を改善する必要がある場合には、顎変形症であると判断されます。
顔面非対称性は、上下の顎が正対していないために、左右非対称に噛み合わさっているという状態です。
左右で筋肉の発達に差がある場合もありますが、顎そのものが歪んでいるという場合には顎変形症に該当することになります。

開咬症は、常に前歯が開いた状態となっている事を指します。
根本的な原因が顎にあると判断された場合には顎変形症となります。
そして、過蓋咬合性は開咬症の逆で、前歯の噛み込みが過剰となっている状態です。
上の前歯が下の前歯を大きく覆ってしまっているような状態です。

顎変形症の場合、判断が難しいという場合も多く、手術を受ける前に歯科矯正治療を受け、それでも噛み合わせや歯並びの改善が見られないという場合には、外科手術を行うことになります。
保険適用となるためには、外科手術を受ける必要があります。

顎変形症の他にも、先天性疾患である場合も保険適用となります。
唇顎口蓋裂や鎖骨・頭蓋骨の異形成など厚生労働大臣が認める23の先天性疾患である場合に保険が適用されます。
なお、保険治療を受けるという場合には、指定自立支援医療機関で治療を受けるという条件を満たす必要があります。