歯並びの改善は歯肉炎や歯周病の予防につながる

歯並びと虫歯や歯周病は関係ないと思っている人が多いと思いますが、実は歯並びの改善は虫歯をはじめ、歯肉炎や歯周病の予防につながります。
まず、歯並びがいいと歯磨きがしやすいという利点があります。
虫歯や歯肉炎、歯周病の予防の基本は歯磨きです。
磨き残しから、細菌が繁殖し、それぞれの病気に関係していきます。
歯肉炎や歯周病を歯周組織疾患といいますが、これらの病気は全身疾患にまで影響を与える深刻な病気なのです。
早いうちに食い止めなければ、歯が全部抜けてなくなるだけでなく、歯周病菌が体内に入り、悪さをして肺炎につながったり、そのほかの病気に影響を与えることだってあるのです。

歯肉炎も単なる歯茎の腫れと軽視されがちですが、歯周病の初期段階であることにはかわりありません。
歯磨きをしていて歯茎から出血があった場合は、これらの病気にならないような予防を考えましょう。

さきほど、歯並びがいいと歯磨きがしやすいという話をしましたが、歯と歯の隙間も考えなければならない問題です。
歯と歯の隙間には歯磨きではとれないような汚れがついている場合があります。
いわゆる歯垢、プラークです。
歯垢のうちはやわらかいので除去しやすいのですが、それが石灰化して歯石になると厄介です。
歯肉炎も歯周病も歯と歯茎の間の歯周ポケットにプラークや歯石がたまって起こります。
歯並びをなおすと、歯の隙間という問題も解決します。

歯並びをなおすと他にもいいことがあります。
噛み合わせの改善です。
歯の噛み合わせが悪いと食べ物のかみ砕きが悪く消化に影響をあたえます。
十分にかみ砕かれるということは消化吸収を助けることになります。
また、歯の噛み合わせがいいと体のバランスにも影響があり、肩コリや腰痛の改善にもつながるといわれています。

このように歯並びをなおすことは多くのメリットがあります。
どうしても歯の矯正というと小さい子供のうちから行っていなければ意味がないように思われがちですが、気づいたらそのときから始めることも可能です。
子供に対するやり方とは違うやり方で、大人に対する矯正方法があります。
また、歯並びをなおすと、矯正器具が気になるという方もいらっしゃると思いますが、そういった矯正器具が目立たない方法もあります。

歳をとるとただでさえ、口のトラブルに限らず、消化や吸収が悪くなり体のあちこちにトラブルを抱えるものです。
もしかしたら、歯並びで予防できることもあるかもしれません。
大人だから遅いと考えず、矯正歯科に相談してみましょう。