必要最低限の負担で済むオールオン4

歯科医院の医師と受付スタッフ もし、すべての歯がなくなったり、歯が残っていても機能していなければインプラント治療を考えると思います。
そうすると、人間の歯は親知らずも含めて28本なりますから片顎に14本のインプラントを埋めることになります。
という事は顎の骨に28本の穴を開けることになります。
そうすると、身体の負担も大きくなり、腫れや痛みも大きくなり手術費用も高くなります。
一本30万円すると言われるインプラント治療代が、840万円もすることになります。

そこで考え出されたのがオールオン4やオールオン6の治療です。
オールオン4なら片顎に4本、オールオン6なら片顎に6本のインプラントを埋入するだけでいいのです。
これは1本のインプラントで1本の人口歯を支えるのではなく、14本全ての歯を支えるフレームをつっておき、そのフレームを4本または6本の歯で固定するにです。
顎に開ける穴の数も片顎4本か6本ですみますので、手術時間も費用も体への負担も大幅に減ります。

もともとオールオン4の治療法は欧米で作られ、欧米人の骨格に合った治療法です。
欧米人の骨格は日本人の骨格より頑丈なので、4本のインプラントで十分な強度と耐久性があります。
日本人の骨格は、欧米人より脆い人が多いので、日本人向けのオールオン6が開発されました。
オールオン6だと、噛む力や歯を食いしばる力が6方向に分散され、噛み心地がよくなり、硬い物も噛みやすくなります。
食生活も充実し、見た目の自然であり、話をする時も話しやすくなります。
日本人でも、骨格の頑丈な人はいますので、その場合の治療はオールオン4ですみますので、インプラント治療の負担の最小限のもはオールオン4ということになります。
インプラント挿入本数は、CTを利用して、手術担当医が、手術前に決定します。

オールオン4の治療で、歯の骨に開ける穴が少ないことにより、顎の骨の量が少ない人でも骨の増設をする必要がなくなりました。
また、人口歯が付いたフレームを、インプラント挿入の日につけますので、その日から歯は自然に見え、会話も普通に出来、軽い食事ならその日のうちに食べることができます。

ただ、インプラントが顎の骨に密着するには数カ月必要なので正式にこの治療が終わるのは、数カ月後になります。
さらに、インプラントに均等に噛む力がかかるように噛み合わせの調整やインプラント周囲炎を防ぐために、定期的に手術を受けたクリニックに通う事が必要な事は言うまでもありません。