女性に人気な審美歯科で歯を白くする

審美歯科は美容歯科とも呼ばれており、従来の歯科で行われていた、虫歯や歯周病治療とは異なり、口元の綺麗さと噛み合わせや発声といった機能面の改善を目的とした歯科治療のことであり、ここ数年で女性の患者が急増しています。
その背景には、審美歯科治療における技術の進歩が上げられます。
同時に毎年2,000人以上の人々が歯科医師の免許を取得していますが、開業医に定年はないため引退していく人は少なく飽和状態にあると言えます。
そこで、従来の歯科治療では叶わなかった部分に焦点をあてて、一般の歯科クリニックとの差別化が進んでいることも審美歯科が急速に進歩した理由でもあるのです。

さて、審美歯科で行われる治療の中で、女性に最も人気を集めているのがホワイトニングです。
これはタバコのヤニや食物の持つ色素によって汚れた歯を白くするものです。
歯の白い女性はとても綺麗で見栄えがしますが、黄ばみや黒ずみがあると、その魅力も半減してしまいます。
そのため、歯の汚れを気にする女性の中には、あまりにも気にし過ぎてしまい、笑顔が作れないといった人もいるくらいです。

治療手順としては、まず、歯の表面に付着した歯石や歯垢を器具などを使用して徹底的にクリーニングします。
歯の汚れが完全に落ちた状態で、特殊な漂白剤と可視光線照射器を利用して歯を白く漂泊していくことで、その人の歯が持つ本来の輝きを取り戻すことができます。
この治療のメリットは、クリーニングによって口内環境を清潔に保ちますから、定期的に実施することで虫歯や歯周病の予防につながることです。
つまり口元の美容を追求しながら、歯や歯茎の健康にも良い効果をもたらすことができるのです。
ただし、この方法では、その人が持っている歯の白さよりも白くすることはできません。
そこで、最近では歯の表面を薄く削って特殊な素材を貼り付ける治療も行われています。

このように、審美歯科の分野は日進月歩で、その技術は進化していますが、いわゆる医療行為ではないため保険の対象とはなりません。
したがって、治療費はクリニックが独自で定めることになりますから、同じ治療を受けてもその費用が大きく異なることも少なくありません。
ここで誤解しやすいのが、治療費が高額だからといって、必ずしも優秀なクリニックであるとは限りません。
最近では審美歯科にかかるランキングサイトや口コミサイトも数多く開設されていますので、これらを参考にして良心的でスキルのしっかりしたクリニックを見つけることが重要なのです。