お口のトラブルで歯科医院を利用すると、治療のためには抜歯が必要になってしまうケースはあります。
どうしても、歯を温存しながらの治療が出来るとは限らないわけですが、かと言って、歯を失ってしまうのは困るものでしょう。
抜かざるを得なかった場合には、インプラント治療を考えておくことも大切です。

歯の欠損を放置してはいけない

歯が抜けた子供 抜歯によって歯の一部に欠損が生じれば、歯科医院では、入れ歯やインプラント治療を勧められると思います。
これは、欠損をそのままにして生活すると、歯並びに異常が出てしまい、歯磨きもしにくくなって悪影響となるケースが多いことが理由です。

また、機能面以外でも見た目の面でも、欠損があるのは良くありません
特に前歯が欠損していれば、会話の時や笑った際に歯の抜けた部分が見えてしまいますから、新しい歯を入れて置きたいものです。

インプラント治療のメリットとしては、入れ歯よりも見た目が美しく、審美性は高くなる点が挙げられます。
歯の色や形をしっかりと合わせて自然に生えている歯のように見せられますから、審美性の高い治療を考える時には、有益です。

また、噛むという機能の面でも優れている点も大きなメリットです。
インプラントは、人工的に作った歯を、しっかりと顎の骨に埋入して、強固に固定します。
隣の歯と接続して固定する入れ歯よりも、しっかりと新しい歯が保持されるので、より自然な形で使用でき、噛む力も強くなるのも魅力です。
ブリッジと違い、健康な歯を削らなくて済むのも大きなメリットと言えるでしょう。

差し歯とインプラントは別物

差し歯との違いが気になる、という方も少なくはありませんが、差し歯は、自身の歯の根を使って、新しい歯を装着するということで、別の治療方法になります。
インプラントは、顎の骨に固定パーツを埋入するので、歯の根が無くても治療可能です。

まとめますと、インプラント治療は、見た目の審美性が高く、また、しっかりと顎の骨に装着するので、噛む力も強い点が魅力で、自然の歯に近い感覚で生活することが可能です。
前歯から奥歯まで使えるので、どの歯が欠損しても、利用を考えられます。

インプラント治療は費用が高くなる点と、治療期間が比較的長くなりやすい点がデメリットですが、これらのメリットを考えると、利用されるケースは少なくは有りません。
ブリッジや入れ歯にも、隣の歯に悪影響を及ぼしやすいと言ったデメリットもありますから、どの治療方法を選ぶかについては、長所短所を抑えて判断することが大切です。

インプラント治療は安心安全?

歯医者の治療 インプラント治療を検討中という場合には、成功は確実では無い点は把握しておくことが必要です。
歯科医での治療は、どの方法も全く失敗はないとは言えませんから、やはり、インプラントでも安心できない面、失敗する危険性はあります。
また、デメリットもあるので、この点も合わせて確認していきましょう。

まず、インプラントでは顎の骨にパーツを埋入するのですが、これがキチンとくっつかない失敗例があります。
ドリルで削る際、加熱しすぎた場合などに起こるもので、グラつきや脱落の原因です。
他にも、手術中に多い量の出血が起きたり、神経を触ってしまい、痺れが残るなどの症状もあります。

治療後のトラブル

インプラント自体にもトラブルが出る場合があり、これは、噛合せがよくなかったり、人工歯の部分が取れてしまうケースです。
うまくインプラントと骨が結合しない場合や、インプラント自体が不良と言うような場合は、歯科医師の方が確かな腕を持っていれば防げるので、やはり、歯科医院選びが大切と言えそうです。

歯科医院での治療は、色々な医師が各自の考えや経験を持って治療にあたっています。
また、用意されている機材も異なるため、治療の質に差が出るのは避けられないのです。
インプラント治療は多くの場合で成功し、上手く治療ができた場合にはメリットが多いのが特徴ですから、経験が豊富で、且つ、しっかりと機材や環境を整えている歯科医院を探すと良いでしょう。

以上は、治療に際してのものですが、インプラントは、治療が完了した後にもデメリットがあります。
これは、インプラント歯周炎という病気にかかる可能性があるというもので、注意した方がいいでしょう。

インプラント自体は虫歯にならないが・・・

インプラントでは人工歯に置き換えることで、これ自体は虫歯には掛かりません。
ただし、インプラントの周りの歯茎や、支えている骨は自然のものですから、病原菌に感染するリスクがあります。
この為、元々ブラッシングが苦手で虫歯になりやすい方などでは、インプラント周辺に病原菌が集まり、歯周炎を発症する可能性が高くなるわけです。

インプラント歯周炎が進むと、インプラントの人工歯を保持できず、撤去するしかなくなるケースもあります。
予防方法としては、やはり、口腔内を清潔に保つことです。
また、異常に気づいたら早めに歯科医でクリーニングなどの処置を行ってもらうことも大切でしょう。

この様に、インプラント治療を行った後も、口腔環境には気をつけたいものです。
治療からアフターケアまで、信頼できる歯科医のもとで、処置していくことが望ましいと考えられます。